So-net無料ブログ作成
わが街・大阪ブギウギ ブログトップ
前の5件 | -

泉の広場オープン 豚汁定食専門店 [わが街・大阪ブギウギ]

梅田の地下街の
「ホワイティうめだ」(大阪市北区)の
東に向かうエリア!
つまり地上では太融寺に行く方向に
人の流れがもどっています。
blog01.jpg

つきあたりの「泉の広場」の
リニューアル工事のために
半年ほど前から閉鎖していましたが。

胡蝶蘭の鉢が並べられています。
昨日(2019/12/05)オープンしたのですね。

「泉の広場」の名称はまだ残っていました。
blog02.jpg

水や噴水はなくなっています。
blog03.jpg

代わりに創設された
キラキラしたモニュメントは
したたる水を表現しているのでしょうか。
ひるがえる木の葉でしょうか。
blog04.jpg

北につづくゾーンは「NOMOKA」!?
blog05.jpg

「のもか」!?
大阪弁の「飲もうか」?!

さらに北につきあたりまで行ったものの
壁一面!芸術センスの欠けた脳には
理解不能なオブジェがありましたが。
blog06.jpg

今は亡きおじさんが
ハイキング帰りに連れて行ってくれていた
居酒屋の「七津屋」は消えていました。



35 の新しい店舗が営業を始めていました。

どこかで見聞した屋号の店舗が多いですね。
日本にはそういう仕組みが
定着しているのでしょう。

世間知らずでしょうね!
私には珍しい
「豚汁定食専門店」がありました。
blog07.jpg

店頭の特大の鍋にはなにか煮えていますが。
blog08.jpg

あまり「豚汁」のようでもないのですが。

あ!「とんじる」と読むらしい。
「ぶたじる」を「とんじる」と
重箱読みで使う地区はどこか!
お里が分かると!
だれかがいっていましたが。

もっとも
私や私の周囲は両方使いますけどね。

「豚肉(ぶたにく)」だって重箱読み!
いや!湯桶読み?!

そういうややこしいことは
考えないほうが平和です。

屋号は
「野菜を食べるごちそうとん汁ごちとん」?!
どこまでがそうなの!
これ全部!?

1 番人気だという
「ごろごろ野菜のごちとん豚汁」を!
税込み 690 円だ!高いけど。
blog09.jpg

ん!?
「豚汁定食専門店」とあるのに
これ単品で
他にはなにもついていないの!?

定食にするには!さらに 150 円必要。
blog10.jpg

オープン記念だからか!昼食時のサービスなのか!
ごはんは大盛りでも無料で生たまごつき。

更くる夜を上ぬるみけり泥鰌汁
(ふくるよをうわぬるみけりどぢやうじる)

芥川龍之介の句。

冬の昼間に
夏の夜の句を思い浮かべどうします!?
そんな変調を引き起こすほど
この豚汁はぬるいのです。

今日はこの冬一番の寒さ!私の感じでは。
熱いものがほしかったのですが。

ただ!
店員のおね~さんたちが
妙に初々しいことに救われます。



(敬称略)
タグ:芥川龍之介
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

船場の背骨 三休橋筋 [わが街・大阪ブギウギ]

大阪メトロの堺筋本町駅の
改札を出ると数歩で
船場センタービルの 4 号館の B2 階。

といっても堺筋本町駅は中央線と
堺筋線の交差する駅!
改札も連絡口もひとつじゃないのですが
私がぼんやり思慮なく足まかせで歩いて
着くところですが。

すぐ「かわ」という店舗。
blog01.jpg

うどんを早朝からひさいでいます。

朝は豆乳を飲んだだけ。
ランチには早いけど
なにか食べますか。

およそヒトが食べるものは
そんなに苦にすることなく
食べられると思います。
しつけができていますから。

が!意識的に
汁かけ麺類は避けるようにしています。
食べた後なん十回に 1 度は
気分が悪くなり吐いたりするからですが。

でも!他に考えるのもメンドくさいので
今日はここで食べましょう。

月見そば(税込み 320 円)と
炊き込みごはんのおにぎり(100 円)!
blog02.jpg

炭水化物の摂り過ぎかな。
身体にも懐中にも悪い。



おなかがくちくなったら
気力が失せました!簡単に。はは。
帰宅して休みますか。
ドーデーの記した
「コルニーユ親方」と変わりませんね。

粉ひきのコルニーユ親方は
仕事がないのが悲しくて恥ずかしくて
そのことを村人に隠して
毎日!忙しそうにふるまったのです。

粉ひきの風車小屋の内壁を
崩しては袋に入れて
ロバの背に載せて
配達しているかのように町まで行って
機を見て!仕事をもらって
帰るふりをしていたそうな。

私は近所の目つきの悪い刀自(とじ)から
「あんた!なにをする人?!」なんて
詰問されたりします。

そんなばばぁには!いや!奥さまには
「まじめな会社員ですよ」と答えているので
朝から働いて(?)いるのですよ。



もう少し壁土(!)を運びますか。

三休橋筋を北に進みます。
blog03三休橋筋.jpg

丸紅の壁画に再会。
blog04丸紅.jpg

ガス灯(?)も健在。

見あげれば米寿を迎えた綿業会館。
blog05綿業会館.jpg

東を向けばもうすぐ 100 歳になるという
船場ビルディング。
blog06船場ビル.jpg

このビルを入ると中庭?!
blog07船場ビル.jpg

吹き抜けになっています。
100 歳はすごいぞ。

赤レンガの旧大中証券ビルと
白壁の浪花教会はドッキング?!
blog08旧大中証券浪花教会.jpg

旧大中証券ビルは
ゆうに 100 歳は越えているそうな。

八木通商ビルかな。
blog09八木通商ビル.jpg

竣工時(1918)には赤レンガの外壁。
10 年後(1929)に
白タイルに変更したといいますが。
なにがあったのでしょう。

ひと筋西に行って
愛珠(あいしゅ)幼稚園を訪ねます。
blog10愛珠幼稚園.jpg

これまた古い!
明治 34 年(1901)竣工。
最近改修したようですね。

愛珠幼稚園と背中合わせに適塾。
blog11適塾.jpg

緒方洪庵がいました。

三休橋筋にもどれば吉田理容所。
blog12吉田理容所.jpg

昭和 5 年(1930)創業だそうな。



土佐堀川にあたりました。

栴檀木橋(せんだんのきばし)が
架かっています。
blog13.jpg

栴檀の材木でできた木製の橋?!

噺家(はなしか)の
(2 代)露の五郎兵衛説は違います。

大阪弁でタヌキ(狸)のことを
「たのき」と発音します。

土佐堀川の岸辺に
千頭の「たのき」が棲んでいたそうな。

そこへ架けた橋だから
「千狸(せんたのき)」の橋!?
「せんだのき」の橋。ばんざ~い!

上記ふたつの説。
他でいったら笑われますから!ご注意。

栴檀木橋(せんだんのきばし)を渡れば
大正 7 年(1918)竣工の大阪市中央公会堂。



(ドーデー作/風車小屋だより/櫻田佐訳/)
(露の五郎著/なにわ橋づくし/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

船場まつり 2019 サンマを食べた [わが街・大阪ブギウギ]

もう旧聞に属するはなしですみません。

今年(2019/10/04・05・06)も
「船場まつり」が開催されていました。

すっかり忘れていました。
細切れに訪れたものですから。



1,000m の長さを誇る船場センタービル。
大阪メトロの駅がふたつも横切るほど長い。

10 月 4 日のランチどき
東側の駅の堺筋本町駅から地下通路を通り
地下 2 階の飲食街に出ます。

お~!すげぇ!
日替わり定食 10 円ですって!
blog01.jpg

1 日 10 食かぁ!今日はもうだめですか。

しかたがない「191」に決めますか。
blog02 191.jpg

夜は料理もドリンクも 191 円均一料金!?
ランチは 191 円じゃないんですね。

焼き魚定食 600 円(税込み)で妥協。
blog03.jpg

焼く魚は日替わりらしい。
この日はサンマ(秋刀魚)の開き。



船場センタービルの中を歩いて
本町駅に向かっていたら
にゃんこの「リリィ」ちゃんがいました。
blog04.jpg

船場センタービルの広報室部長だそうですが
本名は「船場リリィ」!?
初めて知りました。

先日!南御堂で(拙ブログ 2019/08/30
「ブットンくん」とでれでれしていたのに
今日は「ゆめまるくん」とデートかい?!

私の周囲に
ギンバエのようにあちこち飛び回る
アラフォー(around 40)の
発情おね~さんがいるから
そんなに驚きはしませんが。

ん!?
blog05.jpg

「船場まつり」が始まっていたのですね。

例年!初日は金曜日!
商店街はセールしていますが
イベントは少ない!ほとんどありません。

でも!講演会はいつも初日。
忙しい中(ウソついてすみません)
これだけ参加することに。
blog06.jpg

「伝えていきたい船場の思い出」です。
今回は「船場」というより大阪大学の歴史!?
淡々と生真面目に講演されて
私にはあまり面白くはなかったですが。



御堂筋のイチョウ(公孫樹)並木。
松尾芭蕉の終焉の地あたりはまだ緑色。
blog07.jpg

あ!ぎんなん(銀杏)が
ぽたぽた落ちてきます。
blog08.jpg

メス木を処分して
実のならないオス木に
植え替えていると聞いたのですが
まだ!たくさんメス木がありますね。

南御堂に煙が漂っています。
blog09.jpg

「大船渡サンマまつり」とあります。
「船場まつり」のイベントのひとつ。
ふつか目の 5 日にはイベント目白押しです。

境内はてんやわんや。
blog10.jpg

1 日になん尾焼くのかな。
blog11.jpg

サンマに尺塩をしていました。
blog12.jpg

生のサンマですね。

大船渡への義援金を 200 円以上出して
サンマをもらいます。

前の人が千円札を納めます。
つづいてふたりも。
やめてよ!
そのつぎのものがあわてるじゃないの!
ま!私も大金持ち(!)ですから
冷静にすまして小銭を全部出しました。
220 円ですが。

サンマ!この不漁の秋!
なんだかほっそりしているような。
blog13.jpg

箸袋の長さが 19cm ほどですから
しっぽの先までで 27cm くらいですかね。

サンマと缶チューハイでランチ。
ふつかつづけてサンマ。



東西に走る道!
blog14.jpg

唐物町の通りだと思うのですが
名前は知りません。
たぶん忘れています。
このあたりに立川文明堂があったはず。

立川文明堂が発刊した立川文庫は
少年期の川端康成やら
湯川秀樹やら多くの人に
多大な影響(?)を与えたといいます。

見てきたようなウソをいう講談を
さらに面白く奇想天外に脚色して!
ベストセラーを連発したそうな。

あ!湯川秀樹がノーベル賞をもらった論文は
大阪大学で教えていた時代のものだと
昨日の講演会でいっていましたが。

この通りとさらに南に並行する
船場センタービルに直角に交わる
「せんば 心斎橋筋」を南下します。
blog15.jpg

この筋も「船場まつり」です。

イベントの「船場占い」のコーナー。
blog16.jpg

いろんな種類の占い師が一堂に。

妖しい雰囲気は全然なく
思わず笑ってしまいました。
ごめんなさい。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

幻の中津川 冷やしパン [わが街・大阪ブギウギ]

淀川大橋を渡ります。
blog01淀川大橋.jpg

淀川の河口近くです。
伝法大橋(拙ブログ 2019/04/15)の
ちょっとだけ上流です。

淀川の堤防を
年々!高く大きくしています。

どんなにスーパー堤防を造っても
「想定外でした」になる公算大。
いたちごっこは
どこまでおカネに見合うはなしやら。

野里本町商店街。
blog02野里本町商店街.jpg

遠い昔!野里村があったようです。
その野里村は中津川の右岸だったそうな。

中津川は幻。
幻になっています。
野里村は少しだけ地名に残っているものの。

明治 29 年(1896)ごろ
新しい淀川が!つまり今の淀川が掘削され
中津川は埋め立てられたようです。



野里住吉神社。
blog03野里住吉神社.jpg

中津川の右岸にあったそうです。

境内に乙女塚がありました。
blog04.jpg

大暴れする中津川を沈めるために
人身御供になる娘だの
暴れるのは狒々(ひひ)だったので
岩見重太郎が退治しただの
いい伝えがあるそうな。

つじつまがよく理解できないのですが。
狒々は死んだのに明治になっても
暴れ川でしたか。

神社からすぐ北に小さな碑があります。
blog05.jpg

野里の渡し
かしわ(木偏に解?)の橋跡。
blog06野里の渡し跡.jpg

中津川の渡しがあったのですね。
その後に橋が架けられていたのでしょう。

橋が流されたり架けられたりを
くり返していたのかも。



ん?!
blog07.jpg

なにか見覚えがあります。
JRの塚本駅に着きましたか。

これまた埋め立てられている
大野川を探し(拙ブログ 2019/04/19)に
きていましたね。

塚本駅前通商店街。
blog08.jpg

そのとき「ジャムジャムベーカリー」が
気になったのですが。
blog09JamJam.jpg

「冷やしパン」なるもの。
blog10.jpg

今日は買います。
「チョコホイップ」だけありました。
blog11冷やしパン.jpg

生クリームが入っているのかな。

パンの味を評論するほど
舌が肥えてはいませんが
おいしかったですよ。
私にはチョー高価なパンですけど。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

十三の渡し 360円のホテル [わが街・大阪ブギウギ]

淀川右岸。
blog51.jpg

左の橋が十三(じゅうそう)大橋!
右は名前があるのでしょうけど。
人もくるまも水もガスも通らない橋。

名前の分からない橋は
ビルに突っ込んでいます。
blog52.jpg

なにかの「信号」が
団体で走っているようです。



十三大橋の北のたもとに
「十三渡しの跡」の碑があります。
blog53.jpg

先日!落語の十三の渡しを聞きましたが
拙ブログ 2019/08/29
どうもよく分からない渡しです。

淀川のこのあたりは新しい川。
明治 43 年(1910)に完成しています。
今!幅員が 800m ほどありますが
この渡しのあったころには
もっと細かったのでしょう。

もう紛れてしまって当然でしょうね。



やはり十三大橋のたもと!
道の向こうに祠(ほこら)があります。
blog54.jpg

え~と!なんでしたか。

このあたり!
よく歩いた時代もあったような。
たくさんの「恋」を
ほぼみんな忘れていますが
他のことはもっと忘れていますね。

「交通安全地蔵尊」とありますか。
古いものではなかったですね!はは。



阪急・十三駅の西側の商店街を
しばらく徘徊します。
昔!どこで飲食したり
怪しげなことをしていたのか!
記憶にありません。

ひぇ~!
blog55.jpg

宿泊 380 円のホテル!?
ラブホテル?!

屋根には「税込」!
入り口には「税別」と書いてあるんですが。
どちらでもいいことですがね。



いや!飲んでへべれけになっていたのは
駅の東側が多かったかも。

東側の商店街は西側より
元気がなくなっているような。
あくまでも個人の印象ですが。

「ほっ」とあります。
blog56.jpg

既製の垂れ幕ですが
なんだか自分を呼ばれたような!はは。

ランチがあるようなので入ります。

サービスランチ!税込み 650 円。
blog57.jpg

焼き魚と刺し身と野菜の煮もの。
コスパがいいですね。

ブリ(鰤)の切れ端も入っている
具だくさんのみそ汁が熱い!
この値段なら
お粗末なみそ汁のところが多いのですが
感激。



横の神津神社にお参りして帰ります。
blog58.jpg

手水所には蛇口が。
blog59.jpg

合理的ですね。

「手水(てみず)のつかいかた」が
書いてあります。
blog60.jpg

日本は
居酒屋のメニューでも
くだものを買いに行っても
役所の廊下でも
「漫画」「キャラクター」「イラスト」等に
出会うといいますが
神社でも可愛く説明されていますね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - わが街・大阪ブギウギ ブログトップ