So-net無料ブログ作成
食い逃げ未遂 ブログトップ
前の5件 | -

赤目名物牛汁 へこきまんじゅう 瀧自慢 [食い逃げ未遂]

寒くて面白いものもなく
すぐなまけ心がもたげて
赤目四十八滝の(拙ブログ 2019/12/04
荷担滝(にないだき)から撤退して
入り口まで帰ってきました。

おお!牛汁(ぎゅうじる)ですかぁ!?
blog01.jpg

このあたりの茶店や食堂には
牛汁の看板だらけ。

その中の「つたや」に
「牛汁は豚汁とはちがうよ ブヒッ」と
ありましたが。
blog02.jpg

そりゃ!牛と豚とは違うでしょうけど。



それで関係もないのに
思い出すのが「芋煮」!

関西あたりにも知名度がある山形の芋煮でも
牛肉だったり!豚肉だったり。

一般的な山形の芋煮の材料は
牛肉!里芋!醤油。

山形も庄内地方なら豚肉!里芋!味噌。

ちなみに仙台あたりでも豚肉!里芋!味噌。

福島県の多くの地方では豚肉!里芋!醤油。

池波正太郎が秋田県で食べた
「芋ノ子汁」は鶏肉と里芋だったそうですが
なに味だったかは書いていません。

芋煮は東北だけではありません。
四国の愛媛あたりでは鶏肉!里芋!醤油。

島根県の津和野では鯛(たい)!里芋!醤油。



そんな考えなくてもいいことに
思いわずらいながら
貧弱な頭脳が想定したのが
豚汁じゃないのなら
豚汁の具はいっしょで
肉だけが異なる汁もの!?

牛汁セット(税込み 750 円)!?
blog03.jpg

たぶん炒めた牛肉を具にした汁。
他には
ネギ(アサツキ?)の小口切りが少々。

豚汁のような根菜類は一切ありません。
芋煮の芋抜きのようなもの!?
ちょっと落胆。

味は濃い!
カレー風味の醤油味かも。
ま!ごはんはおいしく食べられますがね。



帰ろ。

この日はここまで
足場の悪い道を 12km ばかり歩いている上に
なまけものはおなかがくちくなると
勤労意欲がゼロ。
寝不足からどこかで休みたい。

バスに乗って近鉄・赤目口駅まで帰ろ。

げ!
つぎのバスは 1 時間後!?
歩いていましょうか。
寒い場所で待つより。

追いかけてきたバスに乗れば
少し運賃が節約できるかも。
くたびれていても!
さもしい考えには支配されています。



「へこきまんじゅう」の店舗はにぎやか。
blog04.jpg

有名になっていますね。
blog05.jpg

さつまいものあん!?
皮にもさつまいもが入っているようですが。
blog06.jpg

プレーン味はひとつ税込み 200 円。



往路は寂しい古道をたどりましたが
帰りは現代の赤目街道(?)の車道!
舗装路をよたよた歩きます。

ほぼゆるやかなくだりばかりなら
風景を見あげる余裕も少し。
blog07.jpg

人間の目には!
ま!脳が処理した映像には
もっと感動的な色合いなんですがね。
blog08.jpg

しばらくは滝川沿いなんですが。

赤目四十八滝キャンプ場。
blog09.jpg

このあたりの川床は
「オオサンショウウオの生息に配慮した」
「床固工群」だそうな。

よくは分かりませんが
魚道とオオサンショウウオの昇降路と
ふたつを施工しているのだとか。

くつろぐファミリー。
blog10.jpg

かかしでしょうか。

どちらを向いても山ばかり。
blog11.jpg

柿の実が赤い。

なんの菜!?
blog12.jpg

アブラナ科の花が咲いています。



酒蔵に着きました。
blog13.jpg

瀧自慢酒造。
面白い屋号です。

1 合瓶(税込み 235 円)を買います。
blog14.jpg

赤目四十八滝の絵が描かれています。

1 時間で赤目口駅に着きました。
6km 覚悟で歩いたのですが
もう少し短かったのかも。

「へこきまんじゅう」を肴に
「瀧自慢」をなめて帰ります。
辛口の酒ですね。
あっという間に飲み干してしまいましたが。



(敬称略)
タグ:池波正太郎
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夢かうつつか ボンユーのオムライス [食い逃げ未遂]

井原西鶴終焉之地の碑があります。
blog81井原西鶴.jpg

大阪メトロの谷町四丁目駅の上。
南北に走る谷町筋の
「谷町4」の交差点の北東
「谷町3」との間。

大きな石に書かれているのは
井原西鶴(1642 ~ 1693)の
辞世の句らしい。

 浮世の月 見過ごしにけり 末二年

人間 50 年の時代に
2 年余分に生きたということ?!

無学のものからみると
りくつっぽい句ですね。
季語がない?!
あるのか!「月」が。
月?!
命日が 8 月 10 日なら
中秋の月でもないですけど。



「月」といえば
「月山貞一旧居跡」の碑。
blog82月山貞一.jpg

西鶴の碑と谷町筋をはさんで西側
生活や交通にじゃまになりそうなところ。

「月山(がっさん)」と聞けば
私にはおどろおどろしい。

「寂寥このうえない月山山麓
「雪が吹き込む傾いた
「死者のくるべき
「荒涼とした破(や)れ寺

森敦(もりあつし)の小説
「月山」くらいしか知りません。

その出羽の国の月山に名刀があり
名刀工がいたのですね。

その名刀工が幕末に
大坂(大阪)に移住していたのですね。



北に!本町通りを越えて歩けば
山本能楽堂が。
blog83山本能楽堂.jpg

西側の南北に走っている道は
熊野街道でしょうか。

それを北に少し行った中大江公園に
宇野浩二の文学碑が建てられていました。
blog84宇野浩二.jpg

「私は
「すべての事実を夢と見ることができ
「すべての夢を事実と見ることができる

小説「清次郎 夢見る子」から
抜粋したものらしい。

「清次郎 夢見る子」は
宇野浩二が 22 歳で発表した作品?!

なんともはや!
読んだことはないですが
読みたくはない小説です!私はね。



東西に走る本町通りにもどります。

「ダイアパレスビル本町」と表示してある
古そうなビルがあります。

1 階というけど半地下階と
その下の階が飲食店街。
blog85.jpg

ランチが500 円からできる店舗もあり
だいたいどの店も安いですが
喫茶店の「ボンユー」の
前に出されているボードのものはさらに安い。
blog86ボンユー.jpg

入店したのですが
店内のどこにもメニューは見あたりません。

ともかくオムライスを。
blog87.jpg

まったくケレン味のないオムライス。
万人向きのケチャップライスのオムライス。

これが 400 円なら
ドリンクも
貧乏人を驚かす値段でもないでしょう。
注文してみますか。

この喫茶店には
老店主ひとりしかいなく
奥の厨房で忙しそう。
blog88.jpg

厨房から料理を持って出てきたので

「あの、、、!

私の声を背で受けて
また!厨房にもどった店主が

「おいといて」とのこと。

料金を置いて帰ることになるようです。

消費税はどうするのでしょう。

「400 円でいいんですかぁ!?

「いいです!おおきに」と
声だけ返ってきました。



その道では有名なオムライスらしい。

「300 年値あげしてないらしいよ」
アラフォー(around 40)のおね~さんの弁。

私の周囲にどんどん
大ほら吹きが増えて行きます。
自称・ほら吹きチャンピオンの私が
負けそうな勢い。

それはともかく
オムライスは
四半世紀くらいは変わってないのかも。

この 10 月の消費税増税にも
便乗しなかったのですね。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

君知るや 今里焼きそば いまざとライナー [食い逃げ未遂]

「今里焼きそば」ののぼりが。
blog81今里焼きそば.jpg

少しだけウワサを聞いたことがありますが
名物なんでしょうか。

中華料理店の前ですが
のぼりの設置者は「今里新橋通商店街」?!

今里新地(拙ブログ 2017/06/12)が
はなやかなりしころには
にぎわったのかも知れませんが
今は静かな(失礼!)商店街です。



北に歩いて帰ります。
5 本の幹線道路が交差する
今里交差点の下に大阪メトロの
今里駅(大阪市東成区)があります。

ん?!
blog82いまざとライナー.jpg

ドはでな色のバスが追い抜いて行きました。

あ!道の向かい側にも!
blog83.jpg

「いまざとライナー」と描いてあります。
「いまざとライナー」はバスなんですか!

天王寺駅が近いので
よく利用したり!通過したりしますが
乗り換え案内放送に
大阪メトロの御堂筋線!谷町線!
JR線!近鉄線!阪堺上町線!
大阪シティバスの案内があります。

各鉄道!おなじようなアナウンスですが。

それに大阪メトロだけは
「いまざとライナー」の放送が
加わっています。

なんですか!?
いまざとライナーなるものは。
blog84.jpg

新しい地下鉄路線ができたかのように
にぎにぎしいのですが。



おぼろな記憶では
今里の交差点をさらに北上したところに
焼きそば専門店がありましたね。

「長谷川」でしたか。
blog85.jpg

安いのか!高いのか!
焼きそばの価格の基準を持っていませんが。
blog86.jpg

一番安い「並 S」(税込み 550 円)!
blog87.jpg

追加料金の必要なトッピングはなし。

うどんではないですね!?
太い麺です。
硬い?!
コシがあるというのでしょうか。

牛肉がのっています。
ウスターソースを自分でかけて食べるのが
今里流(?)らしい。

「フツー 3 回まわしがけします」と
店主のアドバイスがありました。

どうやら!これが
「今里焼きそば」らしい。



「いまざとライナー」がきたので
反射的に飛び乗ります。

色はともかく
大阪シティバスとそっくり。
blog88.jpg

元・大阪市の職員だったおじさんが
概略教えてくれましたが。

地元の市議会議員たちが
今里から大和川まで!今里筋に
地下鉄を敷設しろと騒いでいるそうな。

高い建設費に見合う
乗降客がいないでしょ!?

いないかどうか!試験運転。
バスを走らせているのだとか。
ごり押しですな。

地下鉄の代わり(?)ですから
大阪メトロ(旧・大阪市営地下鉄)が
運営しているようです。
それを
大阪シティバス(旧・大阪市営バス)が運行。

ややこしい仕組みですなぁ。

大阪メトロだけが
さかんに喧伝(けんでん)しているのは
そんないきさつもあるのかも。

ま!このはなし「うわさ」ということに
しておいてください。



「いまざとライナー」は
今里駅・長居駅間の「長居ルート」と
今里駅・あべの橋駅間の「あべの橋ルート」の
2 路線があるようです。

「あべの橋」といっても
のりばはJR天王寺駅の東改札口近く
おりばは近鉄・大阪阿部野橋駅の
東改札口近くですが。

飛び乗ったバスは「長居ルート」でした。
長居公園の端っこに着きました。

停留所はバス停ほどたくさんありません。
オレンジ色をしています。
blog89.jpg

ちなみに大阪シティバスは
バスも停留所もグリーン色系ですから
区別は容易です。

長居公園は私の散歩道ですが
自転車で来園することばかり。
歩いて帰れないことはないのですが
しんどいことはやめます。

精神は嵐の前の砂山よりもろい。

大阪メトロの長居駅から帰ります。

お~!
blog90.jpg

「いまざとライナー」の案内がありました。

さて!これからどうなることやら。
バスのことより
自分の行く末のほうが心配ですけどね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

帝国キネマ撮影所跡 近畿大学新食堂 [食い逃げ未遂]

帝国キネマ跡を訪ねます。

近鉄・河内小阪駅の北!
そんなに遠くないところに
その小阪撮影所跡がありました。
blog51帝国キネマ.jpg

猫の額ほどの公園の前に
案内板がぽつんとあるだけ。

それには
大正 5 年(1916)建設!
昭和 3 年(1928)閉鎖とありますが
この時代の映画製作には
よく理解できない複雑なことだらけ。

映画会社は
乱立し!消滅し!
合従連衡(がっしょうれんこう)!分裂!
まさに揺籃期(ようらんき)です。

そんなこと!くわしく知っても
あんまり役に立ちそうにもないようで
調べる気力はありませんが。



河内小阪駅にもどり南側に出ると
小阪城があります。
blog52.jpg

映画のセットではありません。
個人が趣味で廃材等を利用して
自分の家の屋上に建てたもの。
建築確認申請なんかは不要なんでしょうか。



近畿大学(東大阪キャンパス)に寄ります。
次世代型新食堂がオープンしたというから。

こちらかな。
blog53近大新食堂.jpg

新食堂とは書いてないですね。はは。
2 店舗ありますか?!
「DNS POWER CAFE」
「THE CHARGING PIT&DINER」!
どちらに行けばランチにありつけるの!?

7 号館に入ったら
注文のディスプレイが並んでいます。
blog54.jpg

上記のどちらの店のものか
知る由もありませんが。

オーダーはキャッシュレス!?
クレジットカードやら電子マネーやら
QR コード決済やら交通系電子マネーやら。

スマホアプリでも注文可?!

該当するカードの
ひとつふたつは持ってはいるものの
部外者は無難に現金払いにしましょうか。
現金払い用機は 2 台ありました。

なにをどうしたらいいのやら。
魚肉ソーセージ定食やら目玉焼き定食やら
豚汁定食はないと(いつの時代のはなし!?)
覚悟は決めているのですが
ハイカラ(!)なものばかり。あは。

ランチどき
押しかけてくる学生たちに気後れして
えい!と押したのが
「ローストビーフ丼」680 円。

どうだ!すごいだろ!高いもんだぜ!
ま!今の学生は大金持ち!
魚肉ソーセージ定食なんか知らない世代。
心臓の鼓動が速くなるのは私だけ。

席について
モニターに伝票の番号が出るのを待ちます。
blog56.jpg

大きなスーパーの
イートインと変わりませんねぇ。
blog55.jpg

お~!すごい!
blog57.jpg

私のイメージにある学食じゃないですね。

キャンパスを通り抜けて
近鉄・長瀬駅に向かいます。

ホコテン(歩行者天国)みたいな道が
つづいています。
blog58.jpg

このあたりの
学生相手の飲食店のほうが安らぎますね。



長瀬駅近くに樟蔭学園の樟徳館という
たいそうりっぱなお屋敷がありました。
blog59.jpg

その前に帝国キネマ長瀬撮影所跡の
案内板がありました。

昭和 3 年(1928)小阪撮影所を閉鎖して
こちらに開設したものらしい。

わずか 2 年も経たないうちに
全焼してしまい
撮影所は京都の太秦(うずまさ)へ移転。

めまぐるしい「帝国キネマ」でした。

現在の建てものは映画とは無縁のようです。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豚の天ぷら定食 巨椋池の蓮 [食い逃げ未遂]

大阪中央環状線と名づけられていますが
このあたり郊外でも商店街でもない道の
傍(はた)にぽつんとある飲食店。
blog51.jpg

大阪市鶴見区です。
「揚げたて天ぷら マルニ」とあります。
なんだか新しそうな店舗。

税込み 680 円から
1,000 円までの定食があります。

「豚の天ぷら定食」(880 円)!?
世間に拗(す)ねて生きているせいか
私はあまり聞かない定食をいただきます。
blog52.jpg

鶏卵と野菜のてんぷらと
豚肉のてんぷらは 3 枚!

香のものは卓上にあります。
blog53.jpg

漬けもの好きにはうれしいですね。
こんなにあれば
てんぷらがなくても
ごはんを食べられます。はは。

みんな「てんつゆ」でいただきましたが
希望すれば
ウスターソースもあるんですね。
blog54.jpg

なるほど。

伊丹十三は裏日本の宿屋で
てんぷらを注文したら
「てんつゆ」はなく
「(ウスター)ソース」が出てきたそうな。

立腹して
「田舎の洋食」だとこきおろしています。

いろんな食べ方があってもいいのでは。
他人の嗜好を認めないほうが
田舎もんだと思う私は
田舎もんかも知れませんが。



店舗の向こうに
「いのちの塔」のトップが見えます。
隣は「花博記念公園鶴見緑地」でしたか。

「いのちの塔」を目指して歩きます。
blog55.jpg

入り口の標識が
もう 30 年近く立っています。
blog56.jpg

塔もありますが閉鎖して久しい。
blog57.jpg

なんとかしなさい。

塔の西に
睡蓮(すいれん)が咲いています。
blog58.jpg

「咲くやこの花館」の大温室の前の池。

「咲くやこの花館」で
「花蓮と睡蓮・水生植物展2019」
開催中(2019/06/15 ~ 07/21)でした。
blog59.jpg

雨ですが正午ともなれば
蓮の花は閉じるのでしょうか。

いや!もう展示品の花は
時期が過ぎているのでしょうね。
花数の少ないこと。

巨椋池(おぐらいけ)品種も
15 ばかり展示されていました。

巨椋の輝。
blog60巨椋の輝.jpg

巨椋の白鳥。
blog61巨椋の白鳥.jpg

巨椋大黒。
blog62巨椋大黒.jpg

今はない巨椋池!
蓮に名前を残しているんですか。

可愛い!
blog63.jpg

小さくても趣のある花。
blog64.jpg

「ガガブタ」!?
もっと可愛い名にしてあげて。



温室を通って帰ります。

どこからきたのか!
温室内にキジバトがいました。
blog65.jpg

ドバトのように厚かましくもなく。



(伊丹十三著/女たちよ!/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 食い逃げ未遂 ブログトップ