So-net無料ブログ作成
桃栗残念!柿蜂の巣? ブログトップ
前の5件 | -

ホントの重陽の節句 グミは新妻?! [桃栗残念!柿蜂の巣?]

先の 9 月 9 日
車折(くるまざき)神社で
重陽祭に出会いました。
拙ブログ 2019/09/10

陽数の九が重なるから重陽。

しかし!
新暦にあてはめていいものやら。

荊楚歳時記によると
「九月九日
「四民並びに野を踏んで飲宴す
といいます。

さらに
「茱萸(しゅゆ)をおび
「餌(じ)を食らい
「菊花の酒を飲まば
「長寿ならしむ
だとか。

「茱萸(しゅゆ)」とか「菊花」とか
新暦では季節が早過ぎていませんか。



「餌(じ)」はエサではなく「粉餅」の類。

引っかかるのは「茱萸(しゅゆ)」ですが。

王維の詩の
「茱萸はん(はんはさんずいに片)」に
その説明がありますが。

結実紅且緑
 みをむすべばあかく かつみどりにして
復如花更開
 またはなの ふたたびひらけるがごとし
山中儻留客
 さんちゅうにもし きゃくをとどめんとならば
置此茱萸杯
 このしゅゆの さかずきをそなえよ

「茱萸(しゅゆ)」の実は赤いのです。
その実を杯に浮かべるのでしょうか。
カクテルに入れるチェリーのように。

曹植の「浮萍(ふひょう)篇」の中に

茱萸自有芳
 しゅゆ おのずからほうあれど
不若桂與蘭
 けいと らんとには しかず

がありましたが。

「茱萸(しゅゆ)」の実は芳香があるとか。
ニッケイとかランには及ばないらしい。

そのすぐ後に
「新人愛すべしといえども
「もとのよろこぶところにしくはなし
とありますね。

新しい妻は可愛いけど
前の女性にはまさることはない、、、!?
なんのこっちゃ!
「茱萸(しゅゆ)」は新しい恋人?!

でもね!
新しいほうがいいぞ!
畳(たたみ)でもなんでも。



杜甫の詩「九日藍田の崔氏の荘」は

「酔うて茱萸をとって子細にみる

で締めくくっています。

茱萸(しゅゆ)はどこからとるの?!
頭に挿していたのをとるのでしょうか。

王維の詩
「九月九日山東の兄弟をおもう」には

「あまねく茱萸を挿して一人をかくことを

とあります。

故郷では兄弟みな
頭に茱萸(しゅゆ)を挿して
丘にのぼっているのに
自分ひとりだけがいないというのですね。

ということは
茱萸(しゅゆ)はかんざしのように
頭に挿せるものなんですね。



日本語では「茱萸」に
あまねく「グミ」とルビを打たれています。
「グミ」ではないのですが。
貝原益軒が「ぐみ」と
誤訳したのを信用して今日に至っています。

「茱萸(しゅゆ)」は「グミ」ではなく
「カワハジカミ」だそうな。

「カワハジカミ」は
「川薑」と書いてあったりしますが
「皮薑」が正しい(?)とも。

手元の事典には「カワハジカミ」はなく
「呉茱萸(ごしゅゆ)」という
和名でのっていますが。

事典には観賞価値は低く
薬用樹として江戸時代に渡来したと
解説されています。

貝原益軒(1630 ~ 1714)も
江戸時代の人ですが
まだ見たことがなかったのかも。



旧暦の
重陽の節句(2019/10/07)がきました。

グミかカワハジカミか
呉茱萸か理解の外ですが
私は「さんしゅゆ」が脳裏に浮かびます。

漢字で書けば「山茱萸」!

このブログの
プロフィールにのせている写真の
赤い実がそうですが。

これはどこかの国で
果実として改良されたものと
記憶していますが
もう大昔に入手したので来歴は忘れました。

長い間!鉢植えだったのですが
あるところに地植えしています。

ときどき無事かどうか気にかけています。

春先に
黄色い花をいっぱい咲かせていましたが
今年は結実が少なかったような。
blog1.jpg
   (2019/07/09)

長さは 20mm もありませんが
それでも
よそのサンシュユの実よりは大きい。

色づいてくるころにはたったひとつ!?
blog2.jpg
   (2019/08/29)

その実もだれかがかじった跡がついています。

それでも!食べられもしないでひと月。
blog3.jpg
   (2019/09/23)

赤くなってしわがよっています。

そして!重陽の節句前。
実は消えていました。



(宗懍著/荊楚歳時記/守屋美都雄訳注/)
(一海和義著/漢詩一日一首/)
(曹植/伊藤正文注/)
(駒田信二著/漢詩百選 人生の哀歓/)
(講談社/園芸百科大辞典/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

錦天満宮のロボット 大願梅の実!? [桃栗残念!柿蜂の巣?]

京都の錦市場の東の端の錦天満宮の
ロボット(?)が増えているような。

獅子舞いがおみくじを選んでくれる機械。
blog41錦天満宮.jpg

もう 1 台の獅子舞い。
blog42錦天満宮.jpg

獅子舞いではないけど
やっぱり機械仕掛けのおみくじ。
blog43錦天満宮.jpg

こちらは紙しばい。
blog44錦天満宮.jpg

この神社の由緒が流れます。
横着ものは文字を読まなくてもすみます。



梅花はほぼ散っています。
blog45錦天満宮.jpg

狭い境内にいくつか
静かに静かに咲いていたのですね。
blog46錦天満宮.jpg

君をみず 梅の小枝はことごとく
  すねたるふりに 花咲きにけり



あ!タチバナ(橘)!?
blog47錦天満宮.jpg

ん?!なんだか実が細長い!
キンカン(金柑)かな。
でもキンカンでも
こんな長い実のものは
見られなくなった昨今。

長い実の種類は酸味が強いのです。
それで酸味の弱い
丸い実のものばかりが
植栽されているようです。

私のささやかな経験では
丸い実を果実酒にすると
味がぼけてしまうような。
修整に
レモンを加えて仕込む人もいましたが。
長い実のキンカンも
残しておいてくだされ。



ふしぎな実(?)がたくさんさがっています。
blog48錦天満宮.jpg

大願梅(たいがんうめ)だそうな。
blog49錦天満宮.jpg

願いごとを秘めて
吊るしているのですね。
可愛いじゃないですか。



(短歌は矢澤孝子歌集 雞冠木より)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カラット 宝石散らばる雨の中 [桃栗残念!柿蜂の巣?]

強くなった雨に打たれるままに
リコリスが咲いていました。
blog61.jpg

赤い花は彼岸花でしょうけど
オレンジ色はなんですか。
オレンジリコリスとは
まさか!いわないでしょうけど。

九州あたりの南の人がいう
ショウキズイセン(鍾馗水仙)かな。

九州に行ったことはありませんが。
ここは大阪市。
長居植物園の入り口の
「花と緑と自然の情報センター」の前。

長居植物園に入ります。

入園者なんて!まず!いません。
朝からの雨のせいばかりではありません。
先日(2018/09/04)の台風 21 号の被害で
立ち入り禁止のところばかり。
blog62長居植物園.jpg

赤と緑に塗られているところが
立ち入り禁止区域。

塗られていないところも
大池が相当な面積を占めていますから
ま!
ほぼ鑑賞するところはないということ!?



正門のところの
ラクウショウ(落羽松)の並木。
blog63長居植物園.jpg

20 本ばかりの大木が無事に立っています。
わが家の前の桃ケ池公園の
メタセコイアの大木は折れたのに。

ラクウショウは
メタセコイアより!
さらに公園の他の高木より
風に強いのでしょうか。

しかし!被害のないところはそこぐらい。
園内のあちこちの森が明るい。
blog64長居植物園.jpg

大木が折れたり!
ひっくリ返ったりしたからですね。

空襲にあったような場所もありますね。
blog65長居植物園.jpg

雨中の園内に響くチェンソーの音。
深い森の林業のような錯覚が起きます。

見ているうちにつぎつぎに
倒木を処理した材木(?)が
運ばれてきます。
blog66長居植物園.jpg

冬ごもりの薪(たきぎ)なら
心豊かになるのですけどね。



イナゴマメの実の莢(さや)が
ぽつんと残っています。
blog67イナゴマメ.jpg

ほかはみんな落ちてしまっています。
台風のためなのか
熟したからなのか!分かりませんが。

無数に落ちている 15cm ほどの莢を破ると
5mm 以上はあるものの 10mm はない
小さな丸いタマがでてきます。
blog68イナゴマメ.jpg

これが種子ですよね!たぶん。
ギリシア語で呼べばカラットでしたか。

ダイアモンド等の宝石の重さの単位の
カラットの語源でしょうか。

ちなみに
封書の重さを知るために使用している
粗い精度の計量器で計ると
10 粒で 1g でしたが。

ん!?
ゾウムシのような昆虫が出てきました。
blog69イナゴマメ.jpg

なんの幼虫でしょう。
blog70イナゴマメ.jpg

莢の中にこの虫がなん匹かいました。

みんなたくましいですね。



シロバナヒガンバナが楚々と咲いています。
blog71長居植物園.jpg

林床なので陽があまりあたらず
弱々しいのですが
林が明るくなったので
来年は株数を増やして
力強く咲くに違いありません。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

象のような鹿 長居公園台風一過 [桃栗残念!柿蜂の巣?]

タゴールはいいました。

「神の大きな力は
「静かな微風の中にあって
「嵐の中にはない

ヒマラヤスギの大木が倒れています。
blog61.jpg

「根は地の中の枝であり
「枝は空中の根である

その通りですが
この木は
地上部に比べて地下部は貧弱なんですか。
太い根がないような。

先日(2017/10/22)通り過ぎた
台風 21 号のせいでしょうか。

そんな大木がなん本も倒れています。
このあたりだけ風の道があったように
被害が出ています。



長居公園(大阪市東住吉区)にある
長居植物園に入場します。

「コスモス!咲いてる?!」

アラフォー(around 40)の
1 年 365 日発情している(ように見える)
ちょっと見が
美人(という人も 3 人ほどいる)の
おね~さんから
問い合わせがあったからです。

あたしゃ!長居植物園の
観察者でもスポークスマンでも
もちろん!
青テントの居住者でもありませぬ。

「HPで見たら?

「細かいことが分からない」
「家の前でしょ!見てきて」

前にあるのは桃ケ池公園!
その公園なら
スーパーサンディに行くために
ほぼ毎日!斜めに横断していますがね。

「なんのためなの?

「くかいなの!女史ばかりで」

「はぁ?!大変ですね
「タコ部屋労働とか管理売春とか
「不毛の地を耕しつづけるさだめとか?!

「だれがその苦海よ!句会です!」



あ!
blog62.jpg

鹿の糞!?
blog63.jpg

直径 5cm を越えています。

こんな糞をする鹿は
象くらいあるのでしょうなぁ。
無数にころがっています。

秋ですね。

秋なら!なにかおいしい
果実でも熟れていませんかね。
赤い実を探して歩きます。

ああ!なかなか見あたりません!秋なのに。

これはコムラサキ。
blog64.jpg

よいこは食べないように。
毒はないのですがおいしくもありません。

なんですか!たくさん!
blog65.jpg

花ですか!実ですか!?
おいしいものでもないでしょう。
カンレンボク?!

待望の赤い実です!
blog66.jpg

サンシュユの林にはどの木にも鈴なりの実。
結果!この日!サンシュユだけでしたが
こんなにはでに実があったのは。

例年!赤い衣をまとったように
実をつけているアキグミも
探さねば分からない程度。
blog67.jpg

ザクロも寂しい。
blog68.jpg

台風のせいでもないような。

たいてい目につく
柿!サンゴジュ!ボケ!サネカズラの実に
まったく出会いません。



あ!アサギマダラ!
blog69.jpg

この蝶の好きなフジバカマ。

向こうに見える日本の花は
もう終わっていますが
今は中国原産のフジバカマが咲いています。

あれ!?
忙しいのに(ウソついてすみません)
なにをしにきたのでしたやら。

コスモスでした。

みんな倒れています。
blog70.jpg

でも大丈夫!
その程度のことでめげる花ではありません。
blog71.jpg

どんどん上に向かって咲くはずです。

たわむれに吟じてみましょう。


「恋すれば 苦海も楽し 秋桜

「秋桜 苦海の果ての 薄明り

「つぎの世も 苦海に飛べよ
「浅葱斑(あさぎまだら)

「しこりあり 乳房あり 浅葱斑立つ


「とりあえずできた分!あげます!

「いりません」

竹笹見本園のところにはダリアが!
blog72.jpg

こちらは風の影響も感じられないような。


「ささげ持つ 少女の乳房 緋(ひ)のダリア

「うらむまい 生娘のまま 緋のダリア


今日は 100 句くらい行けそうです!

「もういいよ~!それ!句なの?!」

失敬な。



赤い実だらけ!
blog73.jpg

そうそう!忘れていました。
私の好きなハマナスの実の季節でしたね。

帰り花が咲いています。

バラ科です。
バラ科といえばバラ園!
blog74.jpg

秋のバラがほぼ満開。
blog75.jpg

こちらで健康的な句を作ってください。
blog76.jpg

ま!不健康な輩は私ぐらいでしょうけど。



(大きな糞?は象のような鹿のものではなく)
(シナアブラギリの実だと思います)
(タゴール詩集/山室静訳/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山椒の青い実の季節は短い [桃栗残念!柿蜂の巣?]

みつみつし 久米の子らが
垣下(かきもと)に 植ゑし椒(はじかみ)
口ひびく われは忘れじ 撃ちてしやまむ

古事記の神武東征にある復讐!殺戮の歌。

無敵の久米のものどもが
垣根の下に植えた山椒
ピリリと辛い痛手を忘れない!
撃ってのけずにおくものか。
だとか。

侵略しているほうが正義なんですね。
侵略したから
痛手を負うのは仕方がないと思うのですが
その復讐に燃えて!皆殺しにかかります。
勝てば官軍!
侵略でも謀略でも正義の戦い。

それはさておき
山椒があったのですね。
日本原産の香辛料でしょうか。

ちなみに古名は「はじかみ」
後の時代に「生姜(しょうが)」が渡来して
いつの間にか「はじかみ」の呼称は
そちらに移行してしまいました。



山椒の実の季節です。
青い実が売られています。

5 月中に買えば未熟果が多く
6 月も中ごろになればもう店頭にありません。
まさに「旬」のもの!
「筍」の字を山椒の青実にあてたいものです。

大昔!生醤油だけで煮たものを
奥さんを亡くした大酒飲みのおじさんにあげたら
たいそう喜ばれ
それから毎年持って行っていたのですが
その人ももう鬼籍に入り
私の山椒の調理は途絶えています。



酒の肴を作ります。

ネギをテキトーに切って
青梅醤油(拙ブログ 2016/06/16)をからめます。

フライパンで胡麻油を熱し
山椒の実を放り込んでから
油ごとネギにぶっかけてみました。
blog山椒ねぎ.jpg

生っぽいのがイヤなら
いっしょに少し炒めてもいいかも。

山椒をアク抜きと称して
湯通して使う人がいますが
キョーレツさが好きな私は
佃煮でもなんでも
生のまま調理します。



山椒にむせたら
男性なら女性の腰巻を!
女性なら男性のふんどしを
はぎとったらいいそうな。

近くにいて
はぎとられるほうはいい迷惑ですね。
あ!うれしいのやら?!
不調法ですケン!分かりません。
どなたかご教授くだされ。

昔の中国には
「椒房」という称する部屋があったそうな。

山椒(たぶん粉)を
壁に塗り込めるのだそうな。
奥方の部屋だけのようですが。

科学的なこと!
迷信的なこと!
いろいろあったのでしょうね。

青実をぷつんと歯でつぶせば
お~!
孤閨(こけい)に吠える夜!



(古事記/福永武彦訳/)
(主婦と生活社/古典コミックス 古事記/)
(林春隆著/野菜百珍/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 桃栗残念!柿蜂の巣? ブログトップ