So-net無料ブログ作成
もっそうライス ブログトップ
前の5件 | -

刑務所の中の醤油かけごはん 美味! [もっそうライス]

ぬくめしに雲丹(うに)をぬり向きあってゐる

種田山頭火の句。

塩ウニでしょうか。
アルコール処理のもの?!

山頭火は山口県防府の生まれ。

はなしが澪(みお)をはずれますが
「Microsoft Word」で
「ぼうふし」を変換していたら
「某不死」だとか「防腐死」だとかに変換。
「防府市」が出てきません。

ふた昔以上前のワープロはもっと丁寧に
変換していたような気がします。

ただそれだけのことですが
「防府市」にもたもたしていたら
唐突に山頭火の句を思い出してしまいました。

防府にはウニがよく獲れるのでは。
山頭火には幼年期に
食べなれていた食品のはず。

明治時代!地元の人は生ウニ!?
ミョウバン等で処理もしていないものを
食べていたのかも知れませんが。
句は到来もので
生ウニではない気がしますがね。



ま!この体たらくでは
「ウニ」なんて
想像することさえはばかられます。

炊き立てのごはんがあれば
なにもいらない私です。

大阪では伝説の阪急百貨店の大食堂の
「ソースライス」がありましたね。

メニューにはありませんが
昭和の初めごろ!不景気で
「ライス」だけ注文して
卓上のウスターソースだけを
かけて食べるというもの。

場末の酒場の隅の酔っ払いに水を向けると
「たしかにメニューにあった」だの
小林一三社長がライスだけの客には
「大盛りにしてあげなさいと指示した」だの
「福神漬けをつけなさいといった」だの
「天かす(揚げ玉)をサービスした」だの
みんな講談師が逃げるような
見てきたようなことをいいます。

あなた方!生まれてないでしょうが!



一般家庭の卓上に調味料!
最初は醤油さしでしょうけど
それが置かれたのは
高度成長期に入ったあたり(1955 年以降?)
という説もあります。

それまでは味つけが塩辛いので
強いて調味料を必要とはしなかったのかも。

百貨店の大食堂の卓上の調味料を見ると
「ハレ」の気持ちになったのかも。



麦 3 割りの麦めしに醤油をかけると
「おかずなんかなくてもいい」と
思えるほどおいしいそうな。

刑務所(たぶん!札幌刑務所)の中の
受刑者たちのはなしですがね。

ちなみに雑居房には
醤油とウスターソースの小瓶が
常時置いてあるんですね。

なくなったら補充してくれるとか。

ソースライスも
もちろん!美味だそうですがね。

天国ですね。



麦めしに
先日(拙ブログ 2019/11/03
私市(きさいち)で入手した
ビネガーをかけてみます。
blog95麦めし.jpg

お~!いいじゃないですか!
おいしい。

山から採ってきた
「むかご」(拙ブログ 2019/11/10)と
だしがないのでエノキダケの頭とで
塩味をつけないで炊き込みごはんを作り
醤油を振って食べてみます。
blog96むかごごはん.jpg

これまた!美味です。



刑務所暮らしが長くなると
白いごはんは味気なく
麦めしが一番と感じる人もいるらしい。

私はまだ!白いごはんのほうが
おいしく感じますがね。



(小泉和子著/ちゃぶ台の昭和/)
(花輪和一著/刑務所の中/)参照
(敬称略)
コメント(0) 

飛鳥の秋 緑米ごはん [もっそうライス]

飛鳥の里。
稲の収穫が終わり
イナゴの動きがにぶくなっている季節。
blog03.jpg

甘樫丘(あまかしのおか)をくだり
拙ブログ 2019/11/06
明日香村から橿原市に移動して
菖蒲池(しょうぶいけ)古墳へ寄り道。

あ!すっかり明るくなっています。
blog09.jpg

木々が伐採されています。
blog21菖蒲池古墳.jpg

玄室の精巧な家形石棺が丸見えです。
blog10.jpg

これだけのものを築造できるとは
蘇我氏一族との関係を考えてしまいます。

でも!蘇我氏といえば
仏教に帰依と思い出されますが。
古墳と仏教とは似合いませんね。
仏教が上陸したから
古墳がなくなったと習ったような。

ま!ここにも
時代の流れがあるんでしょうけど。



丸山古墳に寄ります。
blog11.jpg

丸いから丸山古墳。
しかし!近代の調査では前方後円墳の
「円」のところだけが残っていたのですね。

これだけ巨大な古墳が
陵(みささぎ)でも皇族の墓地でもありません。

そもそも今の天皇陵の比定は
信用できないものだらけ。

「文久の修復」(1863)時に
大急ぎで比定し
つまらない古墳は
大きく改変!改造したりしています。

一番大きな改変はなんといっても
初代の神武天皇陵かも。
改変というより!ゼロから造りあげたのでは。

宮内庁は陵の調査を極端に嫌いますが
たとえ発掘して治定が間違っていても
国民の敬う気持ちに
変化はないと思うのですがね。

天満宮でも東照宮でも親鸞の墓所でも
熊野神社でも稲荷神社でも
いくつもあるのに
参詣者は手を合わせているじゃないですか。

おひとかたの天皇の陵が複数になっても
いいじゃないですか。

もっとも!この古墳は
「畝傍陵墓参考地」として
宮内庁におさえられて(?)います。

丸山古墳の下の刈り残されたアシの葉が
風にちぎれるように揺れています。
blog12.jpg

そんな葉になにを好んでカタツムリ。

孤独なものは私だけでもないような。



明日香は観光地。
小さな米(35g)でも観光土産になります。
blog13.jpg

赤米!黒米!緑米!

知らない「緑米」を買って帰りますか。

「炊くとどんな色のごはんになるの?

「なんの色もつきませんよ」

白米 2 カップに緑米 35g 入れて炊きましたが。
なるほど。
blog14.jpg

あんまり主張する味はありません。
食感は「雑穀米ごはん」ですか。

私にはおいしいですけどね。
コメント(0) 

焼きサーディン 新生姜のしあわせ [もっそうライス]

獅子文六がフランスで
「焼きサーディン」を食べています。

缶詰のオイルサーディンを
油ごとフライパンに投入するだけ。

料理したのは石井小浪(こなみ)だとか。

舞踊家の石井小浪の年表を見ると
大正 11 年(1922)の暮れ
渡欧していますから
そのころのはなしでしょう。

日本で旬の
イワシ(鰯)の塩焼きを食べるときと
そっくりな味だったそうな。



「焼きサーディン」をしてみましょう。

ぎゃ!

炭でイワシを焼くように煙は出ないものの!
油か水分かがはねて!はねて!
その音!
その悪臭!
台所中に充満し!
換気扇が町内にまき散らします。

強火でも焦げたりはしませんが
すごいことに!

場末の酒場の隅で
アラフォー(around 40)のおね~さんが
ハイボールを 3 杯ばかりきこしめして
「かれがきたとき!いくら私でも」
「全裸のままエプロンだけつけて」
「台所には立たないわよ」
なんていっていましたね。

聞きもしないのに。
聞きたくもないのに。

「もし!かれが興奮して」
「キッチンでもつれたら」
「危ない!あぶない!」

「そんな単純なオトコはあつかいやすい!」
「だけど!結婚はしたくないよね」

裸で料理しているんだ!きっと。
それを自慢(?)したかったのかな。

自慢ならなにも知らずに
「あのこはちっとも色気がない」と
心配している母親や妹にしなさい。

泣いて喜ぶよ!きっと。

でも!おね~さん!
裸で「焼きサーディン」だけはやめなさい。
危険です。
かれが発情する前に!やけどします。
雪のような柔肌(やわはだ)が(知らんけど)
危険です。

ま!そんな料理は
することがないとは思いますが。



イワシといえば麦めし。
強いて麦めしでなくてもいいのですが
ちょうど冷えた麦めしがあったので
牛乳をかけて電子レンジで加熱。

好みの青ネギを振って
焼けたイワシをのせ
新生姜(しんしょうが)をおろして!
たっぷり。
blog新生姜イワシ丼.jpg

だし醤油を振りかけていただきます。



イワシもおいしいけど
新生姜がうまい!

幼稚園のころから
トウガラシの記憶はないのですが
生姜は食べていましたね。

ひねた生姜もいいのですが
新生姜のみずみずしさはたまりませんね。

豚肉の生姜焼き!ではなく
新生姜の豚肉焼き!
blog新生姜豚肉.jpg

生姜ばかり。
豚肉はほんの少し。
皿に盛ってから
さらに生姜をおろしてトッピング。

フライパンに残った汁で
間引いた人参の葉を炒め煮にしました。



残った生姜はスライスして
梅肉(梅干をたたいた市販品)を
まぶして保存。
blog新生姜漬.jpg

これが簡単なのに感動します。
根が単純ですからね。



ところで石井小浪(本名・高原千代)が
渡欧したのは 17 歳のとき。
師匠の 36 歳の石井獏とふたりで
ヨーロッパからアメリカへと回っています。
4 年もの長い間!

ふたりは義兄・義妹だといいますが。
なにか妖しい。
と思うのは
倫理感のない私だけかも。

その件は専門家(?)の
「裸でエプロン」のおね~さんに
尋ねてみるほうがいいですね。



しかし!まあ!
それよりなにより!
家中のイワシ臭さがとれません。



(獅子文六著/飲み・食い・書く/)参照
(敬称略)
コメント(0) 

新生姜と赤い万願寺の寿司 焼きうどん [もっそうライス]

明日香村から持って帰った(拙ブログ 2019/09/23
栗は焼いて食べるとして
新ショウガ(生姜)と青カキ(柿)と
赤い万願寺トウガラシ(唐辛子)と
ユズ(柚子)らしい果実はどうしましょう。
blog50.jpg

ショウガはスライスして 1cm 角に切ります。
トウガラシもおなじくらいな大きさに。
カキは小さなさいころに。

それらを
市販の調理酢にくぐらせておきます。

タンパク質がほしい。

到来ものの
ママカリの酢のものがありました。
blog51.jpg

ごはんにユズの果汁を混ぜて、、、!
混ぜたいのにあんまり若い実で
果汁なんかありません。

ごはんに調理酢を混ぜたほうが
早かったですね。

みんな混ぜ合わせて
ユズの皮をおろして振りかけました。
blog52.jpg

新ショウガ!おいしい!



麺類は好んで食べませんが
ゆでうどんが 1 袋 16 円のときには
買ってきます。はは。

好き嫌いはかなりあるとは思うのですが
およそ!人が食べられるものは
黙って!食べてしまいます。

「嫌い」と思いながら
食べればいいだけのことです。

それはほめられるほどのことでもなく
食べたくなければ食べなくても
寿命に影響はないでしょう。

あきれるのは
声高に「嫌い!きらい!」と
大騒ぎする人!

行儀の悪いこと。
黙っとれ!

そんな人!
関西人に多いですね!偏見でしょうけど。



汁かけうどんを食べると
吐くことがあるので
焼きうどんにします。

焼きうどんは
どんな手順で作るのでしたやら。

ま!いい。
自分の食事ですから。

スライスした新ショウガと
大きく切った赤い万願寺を
オリーブ油で炒めます。

アサリのむき身を加えます。

生臭さを消したく
日本酒をどば~と入れました。

だし醤油で味をつけて取り出します。

再び!オリーブ油を引いて
湯通ししたうどんを焼きます。

具をもどして
青ユズのスライスも加え
胡椒とだし醤油で調味。

あ!味の素があるのです。
買うことはないのですが
中元かなにかでもらったもの。

あればどんどん使い
なければそれっきりの
薄情な(!)人生です。

味の素!振るよ~!
blog53.jpg

皿に取ってから青ネギもたっぷりと。

ユズ!苦いだけ。
これホントにユズ!?
食べられるの?!

それを捨てればなかなかの味。
ウイスキーの水割りがうまい。
コメント(0) 

唐辛子焼きめし [もっそうライス]

わが家の畑で収穫した唐辛子。
畑といっても
貧乏家ではベランダともいいますが。

乾燥させるために干していたのです。
しかし!
食べどきを逸したまま
ずっと寝室の窓辺に吊っていました。

魔ものの侵入は防げたかも。

ま!
唐辛子がなくても
魔ものも敬遠しますわな。
どんな怪物よりも恐ろしい
貧乏神が棲んでいますからね。

いつごろ収穫したのか忘れましたが。
ほこりだらけ。

シャワーでぬぐって乾かします。
blog1.jpg

多少!赤い色は残っています。
blog2.jpg

充分食べられそう。



唐辛子をぶつ切りして
ぬるま湯で柔らかくしてみます。

野山を歩いて道の辺で求めてきた秋ナスと
豚肉を炒めます。

唐辛子をどばぁと加えます。
いくらでもありますぞ。

赤味噌を酒でゆるめ!砂糖を溶き加え
梅肉(梅干のペースト)を入れてみます。

みんな混ぜ合わせればなにかできました。
blog3.jpg

からっぁ!
辛い!



高畑充希になりますね。
ケンタッキーのレッドホットチキンの
CM(2019/07/20 ~ 09/10)を
思い出したりして。

高畑充希はフツーの容姿の女の子なのに
かわゆい声ですね。
得ですね。

美人なのにおっさんみたいな声の人が
周囲になん人かいますが。
闇夜に襲われても
襲ったものが逃げそうです。

そんなこと!いっている場合じゃない!
からっ!



激辛好きだったのに
最近!辛いものが
とても辛く感じます。

長い間!コーヒーを飲まなかったのですが
このごろ!年中!アイスコーヒーをがぶ飲み。

眠れなくなることも
胃が異を唱えることもなくなりました。

そこへ辛いものが辛く感じるなんて。
まさか相関関係はないとは思うのですが。



ぶつぶつ切って
唐辛子のタネを入れるから
いけないのかも。

鶏卵と青ネギで焼きめしを作ります。

唐辛子はあまり細かく切らず
そして少量!加えます。

だし醤油で調味。
blog4.jpg

からっ!

焼きめしは食べましたが
昔は丸かじりできていた唐辛子は
やっぱり!
1 本も食べられませんでした。



(敬称略)
コメント(0) 
前の5件 | - もっそうライス ブログトップ