So-net無料ブログ作成
野道!山道!恋はけもの道! ブログトップ
前の5件 | -

初冬の赤目四十八滝 [野道!山道!恋はけもの道!]

空気が澄んでいます。
blog71.jpg

すごく遠くにきたような気分。
近鉄・赤目口駅から歩いています。
大阪上本町駅から運賃 960 円!
たか~!
急行で 1 時間 12 分も乗りましたからね。

ここは大阪から奈良を越えて
三重県でした。

赤目四十八滝をめざします。
いつもはたいていバスに乗るので
だれかの尻について歩いたことはあっても
道順に記憶は残っていません。

近鉄でもらった
「てくてくまっぷ」が頼りです。

道観塚!
blog72.jpg

松明(たいまつ)調進行事!?
東大寺のお水取りの松明の
調進祈願と供養を行うところ?!
よく分からないけど!そういうこと。

秋の通り過ぎた山道を進みます。

六地蔵。
blog73.jpg

日の谷地蔵。
blog74日の谷地蔵.jpg

ここは赤目街道と呼ばれる
明治の中ごろまでは主街道だったようです。
blog75.jpg

だからか 400 年以上前に刻まれた摩崖仏の
赤目地蔵もおわします。
blog76赤目地蔵.jpg

お!九の一の「飛び出し注意」板。
blog77.jpg

観光地(?)赤目四十八滝の
入り口に着いたのですね。

「てくてくまっぷ」には
5369m とあった山道。
ちょうど 1 時間かかっていました。



赤目四十八滝に行きます。

入り口に
「日本サンショウウオセンター」があります。

てのひらにのるほどの
オオサンショウウオの 1 歳児。
blog78.jpg

オオサンショウウオは
まず動かない生物だと思っていましたが
こどものときには動き回るのですね。

卵も公開しています。
blog79.jpg

こちらは推定 65 歳のおじいさん。
blog80.jpg

岩と化している姿は
オオサンショウウオのイメージ通り。

滝めぐりです。

不動滝から。
blog81不動滝.jpg

紅葉はまったく消えています。

千手滝。
blog82千手滝.jpg

寒い。
茶屋でおでんをもらいます。
blog83.jpg

なんと可愛いこと!

「ちょっと高いんじゃないの!」と
酔客にからまれている
大阪の場末の居酒屋のおでんと
おなじ料金(ひとつ税込み 100 円)ですが
からまれているおでんの
1/3の重量もありませんね。

観光客は文句をいってはなりませぬ。



観光客の少なくなった遊歩道。

釜ケ渕。
blog85釜ケ渕.jpg

透き通った水がよけいに寒々と見えます。

実際!カメラを持つ手が冷えてきました。

姉妹滝かな。
blog86姉妹滝.jpg

渓谷に
カエデの葉の類が厚く散り敷いていますが
赤い色はすでに褪せて!くすんでいます。

ゆずりあって歩けという看板がいっぱい。
blog87.jpg

たしかに幅員がなくて
不ぞろいの石のアップダウンばかりでは
紅葉どきには大変だったのでしょう。

私の記憶の中の一番の鑑賞スポット!
荷担滝(にないだき)まできました。
blog88荷担滝.jpg

ここまで入り口から
3km 弱だと思うのですが
1 時間も費やしてしまいました。

秋は終わっていても
冬の風情も感じられず
先に進むべきか
引き返したほうが賢明なのか
かじかむ手をこすりながら
思案投げ首!立ち尽くします。

入山料を払っているので
損得を考えてしまう心貧しい初冬です。
コメント(0) 

山背古道 たけのこバーガー [野道!山道!恋はけもの道!]

天気がいい!
それだけの理由で
山背(やましろ)古道を歩きます。
なまけものですから少しだけですが。

JR奈良線の棚倉駅で降ります。

山背古道は京都府南部の
木津川とJR奈良線と並行して
木津川市!井手町!城陽市を
南北につづいています。

全長は 25km くらいあるのですが
なぜか古道途中の棚倉駅前の
涌出宮(わきでのみや)を思い出したから
ここから北に向けて出発です。
blog01涌出宮.jpg

春には筍(たけのこ)が買える
山城町農協の前がにぎやか!

今日(2019/11/30)は
山背古道のイベントがあるのですね。
まだ準備中でしたが
「たけのこバーガー」(税込み 500 円)を
いただきます。
blog02.jpg

肉の代わりに筍がたくさん!
おいしい。

山城町は筍と茶が特産。
茶畑は花の咲く季節。
blog03.jpg

あ!山城町は平成の合併で消滅していました。
いい名前なのに。

蟹(かに)の恩返しのはなしが伝わる
蟹満寺(かにまんじ)です。
blog04蟹満寺.jpg

娘が村人から蟹を助けます。
娘の父が
蛇(へび)から蛙(かえる)を助けます。
蛇に娘を嫁にやるから蛙を放せといって。

蛇は当然!娘をもらいにきます。
すると蟹が現れて
蛇を切りきざんだそうな。

蛇はなにか悪いことしたの?!
蛙はなんにもしないの!?

娘の父が蛙の代わりに
自分を食べてくれというほうが好きです。



寄り道に急坂を行けば
橘諸兄(たちばなもろえ)の碑。
blog05.jpg

墓地ではないのですね。

玉川に降りれば
「井手町まちづくりセンター椿坂」の
前あたりがにぎやか。
blog06.jpg

「歴史と文化が色づくまちづくりプロジェクト」
という催しの会場。

今日のイベントのひとつ
「山背古道 23km ウォーキング」の中間地点。

餅つきをしています
blog07.jpg

これはよもぎ餅かな。
きな粉餅にしてふるまわれました。
ふるまい酒もあったようです。

特産の筍を使ったものもいろいろ。
筍入りのねぎ焼きは 300 円(税込み)!
blog08.jpg

これもおいしい。



小野小町塚に行きたくて民家の中をのぼれば
イチョウとカエデの落葉の中の
地蔵禅院に出てしまいました。

樹齢 300 年の「しだれ桜」の葉は
みんな散ってしまっていました。
blog09地蔵禅院.jpg

さらにあがって玉津岡神社。
blog10玉津岡神社.jpg

俗世間から離れているようで
心落ち着く境内ですね。



あ!そうそう!
小野小町塚に行くつもりでした。
引き返せば!また!通り過ぎていました。

「井手町まちづくりセンター椿坂」まで帰れば
「時代絵巻行列」もパレードして
着いたところでした。
blog11時代絵巻行列.jpg

「時代絵巻」とはいうものの
奈良・平安時代の貴族の装束だけとか。
blog12.jpg

好物の柿を見つけたので
買わざるを得ません。はは。
blog13.jpg

重いけど 200 円(税込み)はうれしい。



寄り道ばかりで
たぶん!すでに 10km は歩いているはず。
このあたりで私の山背古道散策はおしまい。

玉川沿いをJRの駅に向かいます。
blog14玉川.jpg

河底にずっと芦が繁っています。
いいですね。
動植物が多そう。

芦の途切れたところで
仲のいい父と娘が釣りをしていました。
blog15.jpg

ドロバイ(!)が釣れていました。
blog16.jpg

タカハヤかアブラハヤかそれとも!
学問的にはなんだか分かりませんが。
私には
みんなおなじに見えて!すみません。

玉川沿いに延々とつづく箱は
夜に点灯するランタンらしい。
blog17.jpg

園児や児童が設置しているようです。
blog18.jpg

担当エリアごと
おなじデザインのものが並んで
グループで個性を競っています。
コメント(0) 

修法ケ原池 再度公園の秋 読めますか [野道!山道!恋はけもの道!]

神戸の元町駅からは
南の海側に行くときが多いのですが
ときどき山側にも向かいます。

諏訪山稲荷神社を経由。
blog51諏訪山稲荷.jpg

大師道をのぼります。
弘法大師がのぼった道らしい。

丁石をたどります。
blog52.jpg

丁石にある尊顔は地蔵菩薩か
弘法大師か分かりませんが。

崩れていく寺院があります。
blog53.jpg

猩々池(しょうじょういけ)の秋。
blog54猩々池.jpg

トイレです。
blog55.jpg

このあたりから
「善助茶屋跡」の分岐があるはずなんですが。
道標が朽ちて読み取れません。
blog56.jpg

ともかく分岐道をのぼれば
「善助茶屋跡」がありました。
blog57善助茶屋跡.jpg

こんなところでした!?
名前だけ記憶していたのですが。

大龍寺はなん度も通過しているのですが。
blog58大龍寺.jpg

修法ケ原池(しおがはらいけ)に着きました。
blog59修法ケ原池.jpg

難解な読み方です。

陽が射せばきれいに撮れると思うのですが。
blog60修法ケ原池.jpg

ここに再度山(ふたたびさん)があるので
再度(ふたたび)公園と命名されています。

これまたふしぎな読み方です。

弘法大師が入唐前と帰朝後の
2 度のぼったので再度山。

くだります。

和気清麻呂ゆかりの蛇ケ谷を通って
生田川の河原の市ケ原に出ました。
blog61市ケ原.jpg

さらにくだれば布引(ぬのびき)貯水池。
blog62布引貯水池.jpg

これまた陽が射せばきれいに写るはずですが
それまで待てずくだります。

貯水池の堰堤・五本松ダムの下に。
blog63五本松ダム.jpg

神戸布引ハーブ園のロープウェイが
頭上で往復しています。
blog64.jpg

布引(ぬのびき)の滝は 4 か所ありますが
どれもまだ紅葉していないですね。

一番大きな雄滝(おんたき)も
燃えてはいません。
blog65布引滝雄滝.jpg

ランチどきはとっくに過ぎて
三宮駅までおりてきました。



空腹なんですが
思慮もなく地下に降りて
こんなときには勝手に足が向く
元町のほうへ進めば
「牛たんの赤ワイン煮込み」
「ローストビーフ」!?
blog66.jpg

このランチにしましょうか!
640 円(税込み 700 円)は手が届くし。

さんプラザの地下!
「グリル ピラミッド」という
カレーショップのようですが。

玄米ごはんです。
blog67.jpg

ふしぎな盛り方!?
ああ!屋号がピラミッドだから?!
コメント(0) 

神戸市西区のてっぺん 粟生線沿線散策 [野道!山道!恋はけもの道!]

神戸市西区が作成した
「ウォーキングまっぷ」をもらいました。

その中から「粟生線沿線散策のみち」を
トレースしてみます。

西区のてっぺん!つまり北の端を
神戸電鉄の粟生(あお)線が横切っています。

その鉄道沿いに設定されています。



木津駅の近くの
「こうべ環境未来館」からスタートです。
blog21.jpg

ん!?
blog22.jpg

児童向けの施設ですか。
リサイクルやごみの減量
自然共生等々の学習や啓蒙らしい。
blog23.jpg

お勉強はまたゆっくりすることにして!
ウソついてすみません!
もうお勉強はしないと思いますが!
歩きます。

顕宗仁賢神社。
blog24.jpg

境内にあるのはもしかして
農村歌舞伎舞台でしょうか。
blog25.jpg

六甲山の北側には多く残存していますが。

神戸電鉄の見津車庫かな。
blog26見津車庫.jpg



木幡駅近く!忍海部造細目の屋敷跡だとか。
blog27.jpg

「おしんべのみやつこ」
「ほそめ」と読むらしい。

細目家が弘計王(おけのみこ)と
億計王(おけのみこ)をかくまったのだそうな。

兄弟は暴君・雄略帝により
履中帝の皇子である親を殺されたのですね。

ときが流れて
弟が即位して 23 代顕宗天皇!
つづいて兄が 24 代仁賢天皇になっています。

先ほどの顕宗仁賢神社は
2 天皇の名前でしたか。

日本書記を読むと
この天皇おふた方はとても仲がよろしい。
ずっといっしょです。
名前がそっくり!
もしかしてひとりのエピソードを
ふたつに割って記述したのでは。

応神天皇と仁徳天皇も
おひとりのような気がしませんか。
日本書記はふたつ割りが得意(?)では。
なんの根拠もないことを
思いつきでいって!すみません。

その細目氏が
明石川沿いに
顕宗神社をつぎつぎに建立したらしい。

現在 19 社認められるそうな。



神戸電鉄は明石川と並走しています。

従って今日の散策コースは
神戸電鉄線と明石川をまとめて縫いながら
東から西に歩くことになります

栄駅の南に栄大歳神社がありました。
blog28栄大歳神社.jpg

ここも顕宗神社の仲間では。

寺院でしょうか。
blog29.jpg

戦死した人の墓石が円陣を組んでいます。

暗い林の中に天一神社。
blog30天一神社.jpg

古そうですが!雰囲気がなぜか寂しい。



押部谷駅の近くまできました。

押部谷(おしべだに)の「おしべ」は
忍海部造(おしんべのみやつこ)から
変化した地名でしょう。

明るい田園地帯を歩いているのですが
単調ですね!不調法なものには。

なにか買い食いするところもなく
私の好きな農作物の無人販売所もなく。

ありました!
Caféレストラン「ガスト」!

ガストはわが家の近所にもありますがね。
なにも遠くにきてまで
入店することもないような気もしますがね。
が!近所の店舗には
近過ぎて利用することも稀ですがね。

ランチどきですが
案外!静かですね。
blog31ガスト.jpg

おかずとごはんのセットで
一番安いものでいいですが。

日替わりランチがワンコイン!
499 円!
blog32.jpg

スープは飲み放題!
私の貧しい舌には 1 杯で十分でしたが。

ただし!消費税は別途でした。



「粟生線沿線散策のみち」の
端まで行ってケジメをつけますか。

西の端は日吉神社でした。
blog33.jpg

1,000 年の歴史を刻んでいるそうですが
社殿は新しいものでした。



(日本書記/宇治谷孟訳/)参照
(敬称略)
コメント(0) 

カタシモワイン祭り ぶとうの里散策 [野道!山道!恋はけもの道!]

「カタシモワイン祭り」の
ある日(2019/11/17)でしたね。
blog71.jpg

未明までこそこそと
つまらんことに起きていて寝不足ですが
行ってみますか!日曜日だし。

平日は日本国民として
勤労の義務を果たせていないので
休日はせめて人並みに(?)休まねば。

例年!この日は
近鉄がハイキングを計画しています。
考えるのもメンドくさいので
その尻について歩きます。



安堂駅からとぼとぼ。
大和川右岸の土手をさかのぼります。
河口から 18km とあります。
blog72.jpg

たぶん!このあたりから
北に流れていた川を西にねじ曲げて
つけ替えしたのでしょう。
1704 年のことですがね。

天湯川田(あまゆかわた)神社に寄ります。
孝謙天皇時代の河内六寺のひとつの
鳥坂寺(とさかでら)の跡地にあります。

神仏混淆(こんこう)だったのかな。
むずかしいことは分かりませんが
白鳥はこの神社の使者らしい。
blog73.jpg

史跡高井田横穴公園に行けば
横穴墓が並んでいます。
blog74.jpg

6 ~ 7 世紀ごろの構築らしい。
blog75.jpg

160 基ばかり確認されているようですが
まだまだたくさんありそうだとか。

ここ大阪府柏原市には
他にも安福寺横穴群や
玉手山東横穴群がありますが。
なぜ!ここばかり?ふしぎですねぇ。

まず!小説は読まない愚かな私ですが
柏原市の横穴墓を見ると
松本清張の「火の路」を思い浮かべます。

「火の路」は無学なものには
学術論文とも思えてしまうのですが。



歴史資料館に寄ります。

大和川を西につけ替え工事に尽力した
中甚兵衛(1639 ~ 1730)の紹介があります。
blog76.jpg

つけ替え後に水のこなくなった地区では
綿花の栽培が盛んになったようです。

この木綿の糸ぐるまと
ちゃぶ台の組み合わせの時代が気になります。
blog77.jpg

この民家の時代設定はいつ?!
気になって質問してみましたが
そう厳密には考えていないようです。



先ほど川沿いに南下しましたが
ここから山裾を北に向かいます。

ぶとうの葉は晩秋。
blog78.jpg

綿花の一大産地も
明治になって廃(すた)れます。
外国の綿花の価格に負けたのです。

その後にぶどう栽培が始まり
栽培面積が日本一になります。

「下がり」ものは縁起が悪いといわれて
日本では産地が発達しなかったせいかも。

その日本一も遠い遠い夢物語。
それでもこの地区は俯瞰(ふかん)すれば
今もぶどうの葉でいっぱい。
blog79.jpg

お!突然!智識寺大仏壁画!?
blog80.jpg

観音谷展望台に出ましたか。

人の流れに身を任せていたら
どこをどう歩いているのか
全然!実感がありません。

このあたり!かなり高台なのに
おしゃれな人が右往左往しています。
blog81.jpg

「カタシモワイン祭り」の
「丘の上畑会場」ですって?!

「カタシモワイン祭り」は
大きく変化しています。
ぶどう畑の会場がみっつもあるのですね。

鐸比古鐸比賣(ぬでひこぬでひめ)神社を
経由して!
blog82.jpg

東高野街道にくだります。



「カタシモワイン祭り」の
主会場でしょうか
「カタシモワイナリー」直売所会場。

柏原市に 100 年前には
70 数軒あったワイン醸造所も
今ではこの 1 社だけとか。

舞台が造られていて!大勢の人です。
blog83.jpg

表の公道にも人があふれています。
blog84.jpg

まずいですね。

テーブルはともかく
イスを置いたら収容数が限られてきます。
座るとスペースをとる上
座ったら動きませんから。

身動きできなく
模擬店にも思うように行けないので
ワインを 1 本買って出ます。
blog85.jpg

「ぽ~っとワイン」!
はは!甘そう。



古民家東会場!?
blog86.jpg

古民家西会場?!
blog87.jpg

幅員のない路地に人があふれています。

さらに近くに本社会場があるようです。



大クスノキのある石(いわ)神社。
blog88.jpg

急石段をあがります。
blog89.jpg

拝殿の前で先ほど買った
甘いワインをランチ代わりになめて
今日のハイキングを終了しましょう。



(敬称略)
コメント(0) 
前の5件 | - 野道!山道!恋はけもの道! ブログトップ