So-net無料ブログ作成
いわなが姫の丑の刻参り ブログトップ
前の5件 | -

明日香風 スカートの風 甘樫丘 [いわなが姫の丑の刻参り]

奈良県明日香村。
飛鳥寺の西に入鹿の首塚があります。
blog01入鹿の首塚.jpg

乙巳(いっし)の変でクーデターにあい
中臣鎌足らに暗殺された蘇我入鹿の首が
飛鳥板蓋宮からここまで飛んできたとか。

ここから宮は見える距離なんですが
でも!イチローがボールを投げても
届くような近さでもありません。

この五輪塔は南北朝時代のもの?!
古くても鎌倉時代よりは後らしい。
首が飛んできて数百年後の建立ですね。

ま!いきなり建てた訳ではなく
なんらかの代わるものか
伝承があったからでしょうね。

蘇我入鹿の首が飛んできたという
いい伝えの地は他にもあるそうな。
大変な恨みが込められていたからかも。

これは私怨です!私が感じるのは。
中臣鎌足が年齢の近いライバルを
殺したいだけだったような。

首謀者のひとりという中大兄皇子は
まだ 20 歳!?
国のビジョンの確たるものはなく
利用されていたのでは。

このあたりに飛鳥寺の前身の
蘇我氏の氏寺である法興寺があったらしい。
その庭で
打毬(だきゅう)かなにかの行事のとき
中臣鎌足と中大兄皇子は知り合ったとか。



ふと!唐突に
牛若丸と弁慶の出会いを思い出します。

弁慶が五条橋で刀の強奪をくり返し
1,000 本目に牛若丸と会うのでしたね。

五条橋の一帯は平家の本拠地です。
広大な敷地です。
大変な数の警備兵がいるはず。
そんな場所でなん日も
刀狩りができるとは思いませんが。

だれが創作したのやら。



向こうの丘が蘇我氏の御殿があった
甘樫丘(あまかしのおか)!
その麓にある蘇我氏の氏寺。

蘇我氏だらけの中から物語を始めるなんて
面白い発想じゃないですか!
五条の橋上の刀狩りのはなしの
元形と思ってしまいました。



南北に細長い甘樫丘の北の麓の
甘樫坐(あまかしにいます)神社に寄ります。
blog02.jpg

この周辺に「豊浦寺跡」とか「難波池」とか
「全日本愛瓢会発祥之碑」とか
私には
ちょっと気になるところがあるのですが
みなさんと同道しているときには
興味ないでしょうから
通り過ぎることが多いですね。



甘樫丘にのぼります。

志貴皇子の歌碑があります。
blog04.jpg

采女乃    うねめの (采は女偏あり)
袖吹反    そでふきかえす
明日香風   あすかかぜ
京都乎遠見  みやこをとほみ
無用爾布久  いたづらにふく

「袖」ですか。
私なら「羅裳(らしょう)」か
「くん(衣+君)」にするような。
風に吹かれるなら
袖よりスカートのほうが好きです。
好き嫌いのことではないでしょうけど。

最初の「うねめの」の読みは
これでいいのでしょうか。
4 音ではなにかつまづく感じ。

この碑は犬養孝書ですね。
訓読みも氏でしょうけど。

あら!この歌!
佐佐木信綱も斎藤茂吉も
まったくおなじ訓読みをしていますね。

あ!ただし!斎藤茂吉の解説によると
過去には「たをやめの」「たおやめの」
「たはれめの」「みやひめの」
「たわやめの」等々読むこともあったらしい。

どうしても「うねめ」といいたいのなら
「うねめらの」と
5 音にしたらどうかとのこと。

ひとりのスカートを!いや!袖を
動かしているのと
大勢の乙女の袖を揺らしているのとは
思いが違うでしょうけど。



志貴皇子は天智天皇(中大兄皇子)の子。
ここカタキの蘇我氏の屋敷跡に
歌碑なんぞを建立していいものやら。

明日香の郷がよく見えます。
blog05.jpg

たしかに歌をしのぶにはよい場所ですが。

北に向けば大和三山。
blog06.jpg

あちらに遷都したころの歌でしょうか。



甘樫丘の尾根を南に進みます。
blog07.jpg

どうして蘇我入鹿ばかりを
悪者にするのでしょう。

蘇我稲目!馬子!蝦夷(えみし)!入鹿!
ホントの名前ではないような。
藤原不比等あたりが
卑しい名前に書き換えたのでは。

和気清麻呂は
弓削道鏡にたてついて
道鏡の愛人(?)の女帝・称徳天皇に
別部穢麻呂と改名させられました。

いかにも穢(きたな)い名前!

為政者は地名から動植物の名から
他人の名前まで改名できるのです。

二上山が見えます。
blog08.jpg

ああ!腰砕けになりそう。

歩いていて心を疲れさせて!どうします。
下手の考え休むに似たり。

どうせ!勝ったほうの歴史しか残りません。
どんなひきょうな手段を駆使しても
勝ったほうが正義ですから。

負け犬の私は野良に甘んじて生きましょう。



(新訓 万葉集/佐佐木信綱編/)
(斎藤茂吉著/万葉秀歌/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

牛若丸伝説 鞍馬の火祭 大天狗がふたり [いわなが姫の丑の刻参り]

あ!金魚がいない!?
blog51.jpg

6 月に訪れたときには(拙ブログ 2019/06/21
1 尾だけになっていましたが。
だれだ!食べたのは?!

鞍馬山の僧正ガ谷不動堂の前。

ここは牛若丸が鞍馬天狗と出会ったところ。
謡曲ではね。

ここには義経堂もあります。
blog52.jpg

義経の魂が鞍馬山に帰っているらしい。



今日(2019/10/22)は
天皇が即位を宣明する儀式のある日。

皇位継承とは
「三種の神器」の継承でもあると
聞きませんでしたか。

安徳天皇といっしょに海に沈んだ
三種の神器はなにとなにでしたやら。
足りないものがあったら
皇位継承できないじゃないですか!

義経が沈めたようなものですね。

義経は兵士としての資質は
あったかもしれませんが
政治的なバランス感覚は
まったく欠如していたのじゃないですか。

それに
定見もなにもない海千山千の後白河法皇に
安易に気を許したりすれば
武家政治を模索する頼朝との
軋轢(あつれき)は当然だったのかも。



石段をどんどんあがって木の根道。
blog53.jpg

若き日の義経が跳躍の鍛錬をしたところ。

牛若丸 16 歳!背くらべの石。
blog54.jpg

ここからさがります。

牛若丸が飲んだ息つぎの水。
blog55.jpg

本殿まで降りてきました。
blog56.jpg

さらに!
つづら折り参道をくねくね降りれば
義経公供養塔が見えます。
blog57.jpg

ここに牛若丸が起居した東光坊があったとか。

由岐神社に着きました。
blog58.jpg

いつもは静かな急な参道に大勢の人。
blog59.jpg

今日は由岐神社の祭礼
「鞍馬の火祭」が行われるからですね。

牛若丸の伝説をたどるのは
とりあえず!おしまい。
火祭のほうを追いましょう。



仁王門(山門)の前に神輿が置かれています。
blog60.jpg

鞍馬街道に出ると
大きな松明(たいまつ)が用意されています。
blog61.jpg

相当な数ですね。
blog62.jpg

各家の前でかがり火が焚かれるようです。
blog63.jpg

剣鉾もあるんですね。
blog64.jpg

さほど幅員のない道の両側で
かがり火が焚かれ
大松明(たいまつ)が走るとは!
見物も命がけになりませんか。
blog65.jpg

祭礼は深夜までつづくらしい。

由岐神社や鞍馬寺の中にいたら
夕刻の 5 時までに境内を出ないと
通行を遮断され!朝まで帰れなくなるとか。

まだ!点火まで 2 時間もあるけど
不測の事態が起きて
帰れなくならないうちに!帰ります。
京都市街までは遠い山の中ですから。



叡山電車の鞍馬駅前に大天狗がふたり!?
blog66.jpg

ここに飛んできて 4 日めという大天狗。
blog67.jpg

前からいた大天狗は
12 月の終わりに遠くに飛んで行くとか。
blog68.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湊川隧道 280円の天丼 [いわなが姫の丑の刻参り]

神戸電鉄の湊川(みなとがわ)駅の北に
西に流れる川があります。

水はトンネルに吸い込まれて行きます。
blog01.jpg

トンネルの上に「湊川」と書いてありますが
これは「新湊川トンネル」かな。
ということは湊川といっていますが
「新湊川」が正式名称かも知れません。

川底までが深い。
4 階建てのビルの屋上から見降ろす感じ。
降りてみますか。
blog02.jpg

降り出した雨に水かさが増しそう。
長逗留は危険です。

新湊川トンネルの上に「湊川隧道」!?
blog03湊川隧道.jpg

「ずいどう」と私には読むヘキがあるのですが
「すいどう」と濁らないほうがいいのかも。

疑問はどうしてこんな場所に
隧道すなわちトンネルの入り口?!

月に 1 度の一般公開の日なので
入場させてもらうとトンネルが新しい!?
blog04.jpg

これは湊川隧道への進入孔でしたか。
明治 34 年(1901)竣工のトンネルは
その先にありました。
blog05.jpg

想像よりも大きい。
blog06.jpg

高さも幅も 7m は越えています。
外の雨のように
水がしたたり落ちています。

入り口からしばらくは
今は歩きやすいように床を造っていますが
これは河川トンネル!
blog07.jpg

本来の姿は
常時水が流れる底は石造り
腰から上!天井はレンガ積みですね。
blog08.jpg

このトンネルは
会下山(えげやま)の下を
通っていると説明があります。

私のような他国ものは
会下山(えげのやま)遺跡を
思い出したのですが
そこは芦屋市(拙ブログ 2018/12/10)!
ここは神戸市兵庫区!
だいぶ離れていましたね。

新湊川トンネルが
平成 12 年(2000)に完成したので
このトンネルはもう役目を終えています。

この日は「chika et sae」の
ボタンアコーディオン・デュオの
コンサートがありました。
blog09.jpg

毎月の一般公開日には
コンサートが開催されているようです。



雨の中を帰ります。

あ!?
blog10.jpg

どこかでお会いしたおね~さん?!

商店街を南に歩きます。
blog11.jpg

アーケードやビルの中がつづき
延々と雨は避けられるのですが
商店街が複雑にからみあって
1 年に 1 度もこないものには
迷子になりそう。

東山商店街!
神戸新鮮市場!
マルシン!
ハートフルみなとがわ!
ミナイチ!
湊川商店街!等々!

どこがどこやら
顔をあげるたびに
商店街の名前が違います。



でも!だいたい!安いですね。
すてきな街です。

柿が 1 箱 300 円!?
blog12.jpg

もちろん!訳アリの柿ですが。

「風は歌う」?!
blog13.jpg

屋号なんですか。
「天ぷら」ののぼり。

天丼がありました。
blog14.jpg

280 円(税込)です。
ま!それなりの天丼です。
エビ(海老)!?
もちろんありますよ!チョー小型ですが。

私の身の丈に合ったランチです。

「ハートフルみなとがわ」にあった店舗です。



地下の新開地駅に着きました。

にゃんこがいます。
blog15.jpg

こちらを見ています。
blog16.jpg

こちらのにゃんこが見ているのは
ありし日の「そごう 神戸店」でしょうか。
blog17.jpg

にゃんこは昭和 40 年代に住んでいました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

飛鳥京跡苑池と酒船石 [いわなが姫の丑の刻参り]

亀形石造物。
blog71.jpg

もっと無機質ではない命名は
できなかったの?!
それはともかく
湧水を貯めて流すのに
いにしえの人はなんと手の込んだことを!

谷底の場所で
鑑賞するような構造でもないそうですが。

朝の明日香村。
もう水に落ちたように全身汗にまみれる盛夏に
観光客はいません。

隣接の丘の酒船石(さかふねいし)へ。
blog72.jpg

どこからか持ってきたのか
ぽつんと取り残されているようにあります。

なにに使われていたのか
初めからこの高台にあったのか。
歴代の有識者は
もっともらしい持論を展開するものの
答えはありません。
blog73.jpg

若輩のころ
ま!今は老害といわれていますが
松本清張の小説「火の路」に接して
ゾロアスター教を知りましたが。

「火の路」では酒船石で
ハマオ酒のような
麻薬を作っていたのじゃないかと推察します。

つまり早くから
ゾロアスター教が日本に伝えられ
天皇たちも帰依していたという
学術論文(!)を
松本清張は書きたかったのかと
私は勝手に思いましたが。

そもそも
酒船石とだれがいったのでしょう。
伝承なら!やっぱり
「酒」がどこかで関連しているのかも。

私は酒や麻薬製造の説は
納得いきかねますけどね。



丘を降りると田んぼが広がっています。
blog74.jpg

向こうに
甘樫丘(あまがしのおか)があります。
この田んぼは飛鳥京跡(?)
飛鳥京とひとくくりに論じるのは乱暴かも。

ここ 20 年ばかりの発掘でみつかった池は
飛鳥京跡苑池とかいわれていますが
あら!?
休憩舎と便所ができていますね。
blog75.jpg

橿原考古学研究所の
「飛鳥京跡苑池 第 13 次調査」の発掘現場。
blog76.jpg

南北ふたつの池のうち
北池の一部
北東部の構造が解明されたとか。
blog77.jpg

北東部は湧水部(!)
今は地表から 3.5m ばかり
下にあるそうですが。
私のシロート考えでは浅い!?

100 年あたり
0.3m も埋まっていませんね。
長期間!沼地や
田んぼが保護していたからかも。

湧水部の向こうに先ほどいた酒船石の丘。
blog78.jpg

「高度のある酒船石は
「この庭園の噴水のための樋(とい)では!?

「そうだとすれば酒船石の水源はどこに」

「向こうの山から引いてくれば!

「それじゃ!直接ここに引けばいいのでは」

そうですね!
面倒な中継をする必要はないですね。

やっぱり!
サイホンの水路は発見されていませんか。

「あ!オープン水路では?!

「水はきても噴水にはなりません」

発掘している人に
幼稚な推察をいって汗顔の至り。



もう 1 度
亀形石造物のほうに帰り
「万葉展望広場」からながめてみますが
なにがなんやら!
blog79.jpg

ヘタな考え休むに似たり。

広場の隣に「ASUCOME(あすかむ)」!?
blog80.jpg

民俗資料館のある建てもの。
こんな名前でしたか?!
長い間きていないのかな。

「明日香村のちっちゃいショッピングモール」
だそうな。

でも 11 時のオープンまで
まだ時間があるので通り過ぎます。
と思いましたが
連日の徘徊で
足が急に悲鳴をあげるじゃないですか。

建てものの影の風通しのいい場所で
休んでいたらうつらうつら。

そのうち!ショッピングモール(!)が
オープンしてしまいました。

チャレンジショップというブースが
みっつありました。

明日香村で独立を目指す人が
2 年間!ここで実践学習するのだそうな。

そのひとつ
寝ていた私に声をかけてくれた
「tabi tabi」の
「スパイスカレー 4 種フルセット」を
いただきます。
blog81.jpg

古代米のごはんですね。
税込 1,180 円。

目が覚める辛さはありません。
ま!頑張ってください。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新築尼崎城 幻の尼崎城 [いわなが姫の丑の刻参り]

尼崎城です。
blog01.jpg

新築オープン(2019/03/29)時には
ごった返していましたが。
blog02.jpg

わずか数日後なのに前からも
後ろから見てもさえぎる人はいません。
blog03.jpg

石垣は新しく積みあげたもの!?
blog04.jpg

なんという積み方!
コンクリート充填積み?!

城の内部に
私の興味があるものはありません。
blog05.jpg

阪神電車が見えるくらい。
blog06.jpg

江戸時代の人になりきり
写真を撮るほどはしゃぐ気もなく。
blog07.jpg

10m ほどの大画面で勉強できますが。
blog08.jpg

この映像の尼崎城の歴史は
大坂夏の陣で
豊臣家が滅んだ後から始まっています!?



「信長公記」によると
荒木村重が織田信長軍に追われて
伊丹有岡城から尼崎城に逃げ込んでいます。

信長の家臣だった太田牛一は
荒木村重に特別に配慮(?)したのか
大変多くのページを割いています。

それゆえパラパラとめくるだけの
阿呆には複雑すぎて
さっぱり理解ができず
私なりの解釈は少々乱暴ですが。

荒木村重は
家族が皆殺しされるのも構わず
尼崎城に逃げ
尼崎では家臣を犠牲にして
花隈(はなくま)城に逃げ
その城でも家来を討ち死にさせて
さらに逃げて
ひとり生き延びたとしか解釈していません。

戦乱がおさまった豊臣秀吉の時代には
自由都市・堺で
なにくわぬ顔で生きていたのでは。

思い出しました!
そのあたりの歴史を
尼崎市立文化財収蔵庫で
レクチャーを受けたことがあったような。

詳細は全然覚えていませんがね。

今一度!文化財収蔵庫に行きます。
blog09.jpg

工事中!
仮事務所に行ってみたものの
相手にされませんでした。はは。



よく考えたら空にそびえる天守閣は
天正(1576)の安土城からですね。

荒木村重が
信長に反旗を翻したのもそのころ。

豊臣秀吉が倣(なら)い
さらに壮大に建築し始めたとしたら
村重の逃げ込んだ尼崎城に
大きな天守があるはずもありません。

すると!その城は
今の尼崎城ではなく
阪神・大物(だいもつ)駅近くの
平城がそうかも。

大物駅の南にある
大物主(おおものぬし)神社。
blog10.jpg

尼崎古城はこのあたりにあったのかな。

大物駅の北に
「大物(だいもつ)くずれの戦跡碑」が。
blog11.jpg

1531 年!ここで戦いがあったらしい。
このあたりに
大物城があったからでしょうか。



(太田牛一著/信長公記/桑田忠親校注/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - いわなが姫の丑の刻参り ブログトップ